撃沈!

ナンピンでどんどん稼ぐ、この企画ですが、開始して数日で、早くも撃沈しました。

ユロポンで売りナンピンをしたのですが、ポンド安の流れに負けて、ストップロスにかかってしまいました。

たいした上げでもないのに、損切になったのは、細かくロットを積み上げてしまったことが第一の敗因でしょうね。

ナンピンするときは、以前のポジから10PIPS程度の間隔を空けるつもりが、「大丈夫じゃね?」というノリで2,3PIPS程度で重ねてしまいました。途中で怖くなってポジの積み上げをやめて、ストップロスを入れたら、あっさりそのストップロスに刺さってジ・エンドです。

今日は2千円程度プラスで来ていましたが、思いっきり負けて、計マイナス18013円。これまでの利益を帳消しにし、マイナス生活に突入です。

どろんじょ

ちくしょー!!

ナンピンって、やっぱり怖いですね。いまさらですけど。ちょこちょこ利益を積み上げても、あっさり、大波にさらわれてしまいます。

本当は、もっと間隔を空けるべきでしが、そうすると、ポジションを保有する時間が長くなって、疲れるんですよね。どうしたもんだろうか?

反省をあげるなら、

  1. ナンピン間隔は十分あける。
  2. ナンピンするなら、地獄まで。途中でびびってストップロスはいれない(でも、なかなか無理ですよね、それって)
  3. じわじわレートを上げるようなチャートは要注意。マーケット参加者がしっかり判断して買いを入れている、つまり地合いがしっかりしているということ。こういう時は、RSIが高まっても、買われすぎ状態ではない可能性が高い(というか、ぶっちゃけRSIは、あまり当てにしてはだめなのか?)。

はぁ、泣けてくる。

大負け後に少し取引しましたが、結局計17734円の負けで今日は終わります。

何も考えずにナンピンってのは、リスクが高いですね。それと、ずっと相場を注視していないといけないので、疲れます。ほかのことができないし。

ここ数日の感じで思ったのは、「指標」トレードがいいかもしれないということです。一気に動くので、たとえば動きが止まったあとの逆張りとかどうだろうか?と考えました。急激に動いたあとって、戻しがあることが多いような気がします。順張り・逆張り両方できそうですが、なにより、指標の時だけ見ていればいいというのが楽ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です